鹿児島市に拠点をおき 動物保護活動をしています

設 立 趣 旨 書

      1.趣旨

 海外に比べると、動物愛護後進国家と言われる日本。「闇」の部分として、犬猫の殺処分があげられます。家庭内のさまざまな理由で行政に持ち込まれ殺処分されている現実があります。減少しているとはいえ、毎日478匹の命がとても安楽死とはいえない状況(ほとんどの行政では二酸化炭素ガス処分、苦しみを伴う処分方法)で亡くなっています。

 あんじゅりあん<Ange(天使) Lien(絆)>(天使との繋がり)という言葉から、私たち人間にとって天使のような愛や幸せや笑顔を与えてくれる小さな小さな命…いつでも側にいて そんな犬や猫たちを皆で助け協力仕合い 命ある限りどんな時でも一生涯寄り添いいつでも繋がっていたい。

 殺処分になる運命の犬猫を純粋に動物達を救いたい・・・不幸な動物達を減らしたい。恵まれない命を救いたい。それは殺処分数を減らす、ということだけでなく、生きてはいるけど、恵まれない環境にいたり、十分な愛情を与えられていない動物達を減らしたいと言う思いで、14年前から活動を続けております。

 熊本の震災の時 犬がいるからと避難所から自宅に戻り被災され、救出された方がいらしたのをテレビの報道で見ていて犬は?犬は何処へ?救出されたかどうかもわからない…人間のレスキューはいくらでもいるけどこんな時こそ!と思い被災地に個人でアニマルレスキューのために現地入りしようとしましたが、個人では入れず関東の団体にボランティアとして入れてもらって活動できたことや これまでの活動で培った経験をより多くの方々に伝えると共に、活動の更なる充実を図り幅広く活動していく上で法人化は急務と考え、特定非営利活動法人を設立することといたしました。

設立後も、飼い主の方々のモラルや知識の向上などにも積極的に取り組んで不幸な動物達を減らし幸福でいられるよう共に地域社会づくりに貢献して参ります。

2.申請に至るまでの経緯

平成15年 4月 有志で活動を開始

平成23年 8月 特定非営利活動法人格取得の為の勉強会を始める

平成27年12月 特定非営利活動法人あんじゅりあんの設立準備を開始。

平成28年12月 特定非営利活動法人あんじゅりあんの設立総会を開催。 

特定非営利活動法人あんじゅりあん